*

教育

上手な使い分け

「スプレッド」とはFXは通貨を売り買いして儲けを稼ぐ商取引です。

 

売買の値段は、1日中上がったり下がったりします。

 

それが為替です。

 

インターネットでニュースをみていると、ニュースが流れる場合があります。

 

例としてあげると、「現在のマーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で売り買いされているという事を意味するのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを提示しています。

 

FXには買いと売りの2つの値段が存在している事を表しています。

 

売値のことをビット、買値の事をアスクと示しているFX取引会社も存在しています。

 

いつもは買値よりも売値が安い価格に決定されています。

 

現実に買値は高く、売値は安くなるはずです。

 

この差額をスプレッドといいFX業者の収入とされています。

 

スプレッド幅はFX会社によって変わります。

 

スプレッドの幅は自分自身にとって支出となるので狭い取引業者をピックアップしたほうが儲けられます。

http://www.jslp52.org/

ただ、同じFX会社でも局面によってはスプレッドの広さは広くなったり狭くなったりします。

 

仮に通常は円とドルのペアで1銭のスプレッドの差だったとしても、相場の上下動がかなり激しい状態では1銭よりも大きくなります。

 

という訳で、スプレッド幅が狭いのと合わせて固定している事が肝心です。

 

最近では固定でスプレッドの幅を見せるFX取引会社も存在します。

 

実際に取引業者のトレード画面上でレートを確認しなければわからないのですが、必要不可欠な事です。

 

貴重な資金を投資してエントリーをしますので取引の前に、魅力的に思えたFX会社の取引するための口座開設を全てして、提示されているスプレッドの差を知っておきましょう。

 

同じ通貨のペアでも、外国為替市場の状態によって、通貨ペアのスプレッドの幅は変わります。

 

普通は、インターバンクで取引量の多くて、流動性の高い外貨ではスプレッドが狭く別の通貨ではスプレッドの広さが拡大する事がよくあります。

 


最近の記事