*

しっかりとした考えを持とう

現実にノートPCのディスプレイの前に座って、止まることなく上下動している為替相場を目を向けていると理由無くエントリーをしたいという抑えようの無い感情に煽られる状況も少なくないと思います。

 

だがしかし、ぼんやりした思いつきで取引するのだけは、絶対にしてはいけません。

 

知っての通り、相場は終日、どういう時でもどこかの国で為替相場は変動しているし、レートも常時上がったり下がったりします。

 

だからといって、頻繁にトレードを積み重ねると、その分だけ損をする危険性が高まってしまう。

 

当たり前ですが、売り買いの数を増やすことによって稼げる確率か50%、50%になります。

 

でもこの事は「なんとなく思いつきで取引」することとは別の問題です。

 

売買回数を積み重ねる意味というのは、自分自身が「ここで勝負」と感じたチャンスを得た場面でのエントリー回数を積み重ねるという意味です。

 

理由がなく、次々と売り買いを積み重ねるのとは明らかに異なります。

 

相場の勝負に勝利するためには、あなたが主体的にメリハリをつけることが大切です。

 

「ここだ!」と思い至った市場の時には迷うことなく所有ポジションを増やして、徹底的に儲けを求めます。

 

「少し分からないマーケットで、どう推移するのかわからないな」と思い至った時は、思い切って所有ポジションをひとつも残さないで諦めて黙っています。

 

それぐらいのメリハリがあったほうか最終的にエントリーは儲けられます。

 

相場の名言には「休むも相場」というものがあります。

 

まさにその通り。

 

相場とはいつもポジションを持っていることが大事ではなく、どの売買ポジションも持たないでじっと見ていることもまた、相場なのである。

 

では、どういった時に、休めばいいのでしょうか。

 

ひとつは、前に述べたように、直近のマーケットがよく見えない時。

 

そこからどうなるのか明確でない時は思いつきで行動すると、自分自身で考えたストーリーとは反対の方向に市場が向ってしまい、損してしまいます。

 

そうした場合はポジションを諦め見ているだけがいいだろう。

 

もうひとつの場面は、体の状態がすぐれない時です。

 

体の具合と為替相場に関係がない考える人もいると思いますが実は意外に影響します。

 

体の状態があまりよくなければ、相場の肝心な場面で、正確な決定ができない。

 

気分が乗らない時は、市場から目をそらす事も大事な事です。

 



コメントする